管内商工会長と市町村長が懇談会

市町村長との懇談会であいさつする松崎会長

 岩瀬管内商工会広域連携協議会(松崎淳一会長)の管内市町村長と商工会正副会長等との懇談会は3日、23人が出席して大東商工会館で開かれた。
 松崎会長が「岩瀬管内の商工業の振興と地域活性化を図る目的であります。人口減少や高齢化、後継者不足など厳しい状況ではありますが、行政との懇談会を通し発展につなげたいと思いますので、よろしくお願いします」とあいさつした。
 来賓の橋本克也市長、遠藤栄作町長、添田勝幸村長らが祝辞を述べた。
 大東、長沼、岩瀬、鏡石町、天栄村の各商工会の活動状況と広域連携協議会の活動状況などが説明された。
 市町村に対する要望事項として、広域連携協議会は行政広報紙での商工会支援企業のPR、長沼商工会は旧長沼役場への長沼商工会移転、大東商工会はJR水郡線川東駅周辺の整備と大東フェスティバルに対する助成支援についてなどを求めた。
 懇談会では「地域活性化策について」をテーマに、さまざまな意見を出し合いながら懇談した。