8日に史談会文化講座

 須賀川史談会(宗像正夫会長)の第3回文化講座は8日午後1時半から市立博物館図書室で開かれる。
 小針喜夫副会長が長年をかけて調べ上げた「南山御蔵入について」をテーマに講話する。
 南山御蔵入騒動は江 南山御蔵入領(現在の南会津郡など)内で起こった百姓一揆で、亨保年間(1716年―1736年)、年貢の増徴策に苦しむ下郷の百姓が幕府代官に訴え、南山一帯に一揆が広がった。幕府の吟味の結果、江戸廻米が中止されるなど要求が受け入れられ、一揆側は首謀者ほか5人が断罪されるなどの処分を受けた。
 当日は会員でなくても聴講できる。問い合わせは管野和博庶務(℡090―8929―2753)まで。