スポーツ推進委員の東北・県功労者を祝福

功労者表彰を受けた推進委員たち

 須賀川市スポーツ推進委員連絡協議会(石井文和委員長)の東北地区と県の功労者表彰を祝う祝賀会は1日、グランシア須賀川で開かれ、受賞者7人の功績をたたえた。
 推進委員や来賓ら35人が出席した。石井委員長が「市のスポーツ振興発展は皆さんの活躍があってこそ。今後もそれぞれの分野で協力をお願いします」とあいさつし、来賓の橋本克也市長が祝辞を述べた。
 出席した受賞者に推進委員から花束が手渡された。
 東北地区の功労者表彰を受けた吉田澄子副委員長(長沼)は平成11年から推進員として市のスポーツ振興に貢献し、今年で20年目となる。「最初は自分が推進委員を務めることに戸惑いもあったが、活動はとても楽しく、ここで築いた人間関係は人生の宝となっています」とあいさつした。
 そのほか県から功労者表彰を受けた10年以上活動を続けている推進委員らが「先輩の支えがあり、楽しみながら活動できた」「これからも市のスポーツ振興のため協力していきたい」などあいさつした。
 県功労者表彰の受賞者は次の通り。
黒田紘市(中央)有馬忠男(稲田)斎藤文枝(同)斎藤敏夫(仁井田)鈴木直樹(大東)小野間利昭(長沼)