9日のRojima、108店が出店予定

 年内最後のすかがわの路地deマーケット「第36回Rojima」は9日午前10時から午後3時まで、本町・馬町エリアに108ブースが出店してにぎやかに開かれる。
 手作り雑貨や飲食物などおなじみの顔触れはもちろん、初出店の“サバカレー”を販売する店など多彩なお店が市内だけでなく近隣市町村からも集まる。
 人気のDJコーナーのほか、今回はフットサルパフォーマーも出演を予定している。
 駐車場は市役所とJA夢みなみ本店が利用できる。
 Rojimaは須賀川の若者有志らが中心になって実行委員会を組織し、「まちを新たなチャレンジの場へ そして新しい何かに出会える場所へ」をテーマに毎月第2日曜日開催し、近隣市町村から若者や家族連れらが多く来場して新たなにぎわいを作っている。1月はお休みし、次回は2月10日に開催する。