新鏡石町消防団長の稲田さんに辞令

新団長の稲田さん(右)と退任の小林さん(中)

 鏡石町の消防団長退任・新任辞令交付式は30日、町役場町長室で行われ、退任の小林勇雄団長、新団長の稲田幸吉副団長に遠藤栄作町長が交付した。
 小林さんは団長を2期6年間務め、平成10年に県消防協会長表彰を受け、日本消防協会長、県知事表彰、藍綬褒章などを受章した。「団のトップリーダーとして町民の安全安心のため、鋭意努力してください。これからは機能別消防団後方支援隊としてできる限りの協力をしていきます」と話し、稲田さんに法被を手渡した。
 稲田さんは昭和49年に入団し、分団長や訓練部長、県消防協会須賀川支部長、県消防協会監事などを歴任し、県知事功績章や藍綬褒章などを受章した。「36年間ご苦労様でした。入団してから心構えなど教えていただいたこと、自分の考えを実施していきます」と小林さんに感謝と抱負を述べた。