須賀川三小にユネスコスクールプレート

岩田会長(左)から須田校長にプレートの贈呈

 須賀川三小(須田元大校長)は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「ユネスコスクール」に承認され28日、同校体育館でプレート贈呈式が行われた。
 同校は5学年の総合的な学習の時間で、地域を流れる「須賀川」(通称下の川)やその流域の環境の変化についての調査を取り組んできた。持続可能な環境への取り組みについて解決の手段を考え、具体的な行動計画を示し、児童相互や地域・保護者へ発信するなど、興味関心が高まるよう環境学習してきたことが評価され、7月27日にユネスコ本部からユネスコスクール加盟の承認を受けた。
 贈呈式では全児童495人が参加し、岩田悦次郎須賀川地方ユネスコ協会長が「ユネスコスクール」プレートとユネスコスクール活動支援金を須田校長に手渡した。
 須田校長は「情報や体験を通し、活動の幅を広げてまいります」とお礼の言葉を述べた。
 岩田会長があいさつし、森合義衛教育長が祝辞を述べた。 
 5年生代表児童の近藤陸太君、今野聡子さん、高橋駿介君らが活動発表を披露した。