須賀川二小4年生2分の1成人式

保護者らの前であいさつする児童たち

 須賀川二小(正木義輝校長)の2分の1成人式は28日、同校複製ホールで4年生60人と保護者らが参加して行われた。
 「にじいろ」を全員で歌い、児童代表の伊藤幹太君、松井彩華さんらが「支えられて自分で出来ること、自分にしか出来ないことを見つけました。これから人として大切な事を教えてください。大きな宝物になり誰かを支えられたらと思います。これからもよろしくお願いします」とあいさつした。
 「赤ちゃんクイズ」や「今の自分と将来の自分」のスライドショー、10年間の成長として「なわとび」「ダンス」「音楽」「群読」などチームで発表した。
 また思い出のスライドショー、全児童から保護者へ感謝の言葉、梅津朋子学年委員長があいさつし、保護者からも児童に手紙を読み上げ手紙交換が行われた。 
 最後に「10歳のありがとう」を全員で歌い、
保護者らは児童たちの感謝の言葉や成長した姿に涙ぐむ保護者も見られ、児童にとっても節目を祝う思い出の式となった。