27日に加賀マイクロソリューション地鎮祭

加賀マイクロソリューション福島事業所完成図

 エレクトロニクス製品の開発・製造・販売から修理・リユース・リサイクルまで幅広く手がける、加賀電子(門良一社長・本社東京)の100%子会社で、来年夏頃の竣工・稼働を目指す加賀マイクロソリューション(江口聡社長)は、27日午前11時から須賀川市森宿関表の福島事業所建設予定地で地鎮祭を行う。
 新工場敷地面積は2万6715平方㍍、建築面積3804平方㍍、延べ床面積6926平方㍍、建物は鉄骨造り2階建て。
 新工場は国内生産機能強化だけでなく、建設予定地が国道4号線沿いに位置することで、重要拠点の山形事業所と東京本社とのアクセスにも恵まれていること、須賀川市が江口社長の出身地であることなどから建設が決まった。
 マザー工場として中国やマレーシアで展開する海外2拠点と連携を深め、アミューズメントやパソコン用などの電子通信機器を組み立てる予定。
 地鎮祭には江口社長はじめ、橋本克也市長、野川眞伸森宿区長、大原靖仁大地物産会長らが参列する。