tetteに一時保育「預かりルーム」開設

 須賀川市は子育て世代を応援し、産み育てる人からも選ばれるまちづくりへ、来年1月11日オープンの市民交流センターtette(てって)2階に子どもの一時保育スペース「預かりルーム」を開設する。施設利用外の目的でも1日4時間以内であれば預けられる。12月3日から登録・予約受け付けを始める。
 「預かりルーム」は屋内遊び場「わいわいパーク」や子育て支援室などと一緒の2階「子どもセンター」に位置し、専任の保育士が子どもを預かる。
 図書館や円谷英二ミュージアムなど交流センター内の施設利用以外でも、保護者の通院や冠婚葬祭などで一時的に保育が必要になったとき、買い物や保護者のリフレッシュなどのためでも預けられる。
 生後6カ月から小学校入学前までの子どもが利用できるが、施設面積などの関係で当時に預かれる人数には限りがあり、現状では10人前後となる見込み。子どもの体調などにより預かれない場合もあるので受け付け時に確認が必要となる。
 開設時間は午前9時から午後5時まで。利用は1人1日4時間以内で最大月5日。使用料は1人当たり1時間300円。保護者が市外在住の場合は1時間500円。
 利用する場合は着替え、おむつ、おしりふき、タオル、飲み物、お昼の時間帯をまたぐ場合は昼食などを各自で用意する。
 使用するためには事前に「使用登録」と「面接」が必要で、子どもの保険証の写しと印章を持参して保護者と利用する子どもが一緒に手続き場所まで来場が求められる。
 登録は12月3日からtetteオープンまでは市役所1階こども課で受け付け、来年1月11日以降は預かりルームで行う。
 利用予約は予定日前月1日から前日の正午までで、使用登録が済んでいないと受け付けられない。予約は電話でも出来る。
 利用当日はtette1階事務室で使用料を支払い、子どもと一緒に2階預かりルームへ向かう。
 問い合わせは市こども課(℡88―8124)まで。