オリンピックデー・フェスタ100組200人募集

オリンピックデー・フェスタのポスター

 12月22日に須賀川アリーナで行われる「オリンピックデー・フェスタin須賀川」の参加者募集が始まった。
 日本オリンピック委員会(JOC)の主催で、東日本大震災復興支援JOC「がんばれ!ニッポン!」プロジェクトの一環として平成23年から被災地を中心に行われている。須賀川では25年に続き2回目の開催。
 元バレーボール日本代表の大山加奈さんや元なでしこジャパンの小野寺志保さんら9人のオリンピアンが参加する。
 22日午後1時から開会し、参加者は五輪の色にちなみ5チームに分かれ、オリンピアンをリーダーに手つなぎ鬼や大玉転がし、玉入れなどで汗を流す。
 また質問コーナーや記念撮影、サイン会なども企画し、思い出をつくる。
 対象は市内の小学生を含むペア先着100組200人。親・祖父母・高校生以上の兄弟などの保護者がペアとなることが必要。
 参加者には記念として五輪のロゴやJAPANの文字が入った特別デザインのTシャツをプレゼントする。
 参加費は無料。観覧は自由。申し込みは市スポーツ振興協会(℡76―8111)まで。
 なおオリンピアンは被災地の現状を視察するため、同日に藤沼湖を訪問し、被災当時の話や復興の状況などを関係者から聞く予定。
 参加者は次の通り。
小野寺志保(サッカー)澤野大地(陸上)三ケ田礼一(ノルディック複合)中西悠子(競泳)大山加奈(バレーボール)橋本寛(フェンシング)浅田雅子(飛び込み)結城昭二(バスケットボール)上田藍(トライアスロン)