80代女性300万円詐欺被害

 13日午後1時頃、須賀川市内の80代女性が会社上司や息子を名乗る男に300万円をだまし取られるなりすまし詐欺が発生した。女性は現金を用意して市内公園で、上司の息子を名乗る男に手渡した。
 須賀川署の調べでは同日午前11時頃、女性宅に息子の上司を名乗る男から電話で「息子さんが病院に運ばれた」などの連絡があった。その後、息子を名乗る男から「手術で声が変わった。新しい店舗に機械を入れるため、どうしても現金700万円が必要で、400万円は上司が払うので、残り300万円を用意してほしい」などと求められた。
 電話を信じた女性は現金を用意して午後1時頃、相手が指定した市内公園まで出向き、現金300万円を手渡してだまし取られた。
 女性は現金を渡した後に、確認のために家族に連絡したところ、「詐欺ではないか」と言われて被害に気付き須賀川署に届け出た。
 今年度の須賀川・岩瀬地方におけるなりすまし詐欺被害は4件目で、今回が最も被害額が大きい。