市成人式で代表の鈴木さんに証書

 須賀川市は20歳を迎える門出を祝う平成31年度成人式を来年1月13日に市文化センターで開く。新成人代表が8日発表され、成人証書受領は鈴木大地さん、誓いの言葉は羽生淳志さんと服部紗季さんが務める。
 須賀川市では12月7日まで新成人の成人式出席申し込みを受け付けている。
 今年の新成人は平成10年4月2日から翌11年4月1日生まれで、今年10月1日現在で市住民基本台帳に登録された813人(男460人、女353人)と市出身などの理由で市外から出席を希望する人が該当する。
 住民基本台帳登録者は昨年よりも58人多い。市外からの出席希望者は6日現在で34人(男14人、女20人)。
 市内在住者へは今月1日に案内状を送付済みで、返信用ハガキに当日の出欠を記入して返信する。
 市外からの出席を希望する場合は、市生涯学習スポーツ課や市内各公民館、市コミュニティプラザ(須賀川駅隣り)に備え付けの出席申込書に必要事項を記入して提出する。市ホームページからも申込様式をダウンロードし、市生涯学習スポーツ課へメール送信で参加申し込みが完了する。
 式当日は午前9時半から受け付けし、出席者に成人証書、次第と式辞などを掲載した記念リーフレットを配布する。
 午前11時から式典が開かれ、オープニングアトラクションは今年も奥州須賀川松明太鼓保存会による太鼓演奏で新成人の門出を勇壮に祝う。
 国歌と市歌斉唱に続いて、橋本克也市長から鈴木大地さんに成人証書を授与、市長式辞、佐藤暸二市議会議長が祝辞を述べ、羽生淳志さんと服部紗季さんが誓いの言葉を発表する。
 なお会場内には新成人が旧交を温め合えるよう、カフェや着付け直しのコーナーが設けられる。