松崎酒造が純米部門優等賞

 仙台国税局の東北清酒鑑評会の結果は9日発表され、 純米部門で松崎酒造が優等賞に選ばれた。
 管内の清酒製造業者の製造技術及び品質の向上を図り、 酒類業の健全な発達に資することを目的に毎年開催
されている。
 東北6県から吟醸酒の部に138場231点、 純米酒の部に123場157点の清酒が出品された。
 品質評価は10月上旬に行われ、 吟醸の部49場、 純米酒の部42場の計68場が優等賞に選ばれた。
 松崎酒造は代表銘柄廣戸川が高い評価を受け、 27年以来3年ぶりの優等賞に輝いた。