岡本真夜さんを観光牡丹大使に

 須賀川市は稲田学園の愛唱歌を作詞したシンガーソングライターの岡本真夜さんを観光牡丹大使に任命する。委嘱状交付式は10日午後1時から、市役所1階みんなのスクエアで行われる。市が5日に発表した。
 岡本さんは稲田学園の愛唱歌の作詞を担当したほか、交流会などを通じて子どもたちにエールを送ってきた。また須賀川市制60周年を記念して平成26年7月5日に市文化センターで開かれたハートフルコンサートで歌声を披露した。
 観光牡丹大使は、さらなる観光PRや全国に向けた情報発信を目的に、市出身で全国的な活躍者や市ゆかりの著名人ら16人を委嘱しており、岡本さんで17人目となる。最近では27年11月にバイオリニストのNAOTOさんを委嘱した。
 委嘱状交付式後、同会場で松明あかし開催記念イベントの一環として岡本さんの無料コンサートが開かれる。
 ヒット曲「TOMORROW」ほか、ピアノ曲など5曲を披露する。また稲田学園の児童・生徒20人とともに愛唱歌「Home」を歌う予定である。