27・28日産業フェス&JA感謝祭

 須賀川市内の農業・商業・工業・サービス業が一堂に会する「すかがわ産業フェスティバル2018&JA夢みなみすかがわ岩瀬地区感謝祭」は27、28の両日、須賀川アリーナと市文化センターで開かれる。屋内外会場に62団体のブースが出店し、各種イベントや歌謡ショーなど多彩に企画している。
 須賀川産の農産物や商品、工業製品を地元で消費する地産地消をテーマに、地域内循環理念をより深く理解してもらいたいと毎年実施している。
 27日は午前9時15分からアリーナ玄関前でオープニングセレモニーを開き、実行委員長の橋本正和JA夢みなみ須賀川組合長があいさつし、須賀川市農業賞、農産物品評会表彰(当日発表)、市工業製品認定証交付に続いて、関係者によるテープカットを行う。
 屋内46団体、屋外16団体(雨天時会場変更有り)のブースが出店し、メーンアリーナは農産物販売PR紹介や神奈川県座間市特産品販売、農産物品評会など。駐車場では和田青児さん(27日)と矢吹春佳さん(28日)の歌謡ショーやJA夢みなみダーツの旅、女性部のフラダンスショー、ミニ列車やバッテリーカーコーナーなどを予定している。
 市文化センターでは27日にそれいけ!アンパンマンショー、28日は年金友の会芸能発表大会などを催す。
 入場無料で午前10時から午後4時(28日は午後3時半)まで。公立岩瀬病院とはたけんぼ経由の無料シャトルバスを7便ずつ運行する。
 当日の駐車場は須賀川アリーナ(混雑予想)、市文化センター、須賀川信用金庫本部、JTの4カ所を無料で利用できる。