28日に空港ハロウィンイベント

 県内に拠点を持つ企業や個人が販売ブースを出展するハロウィンイベント「ふくそらVol・2トリック・オア・トラベルー福島空港を遊ぼう」は28日午前10時半から空港ターミナルビルで開かれる。1階から3階まで飲食や手作り雑貨、ワークショップなど多彩な40ブースが並び、イベントを盛り上げる。
 実行委員会主催、空港ビルの協力、阿武隈時報社などの後援。
 県内の手作り作家、企業と周辺住民を結び、地元や空港の魅力の再発見を促すことを目的に昨年から始まった。
 ハロウィンイベントとして事務局は仮装しての参加を呼びかけており、昨年は多くの親子連れがハロウィンにちなんだ衣装に身を包んで空港内で楽しむ姿が見られた。
 ターミナル前の外通路ではウルトラマン焼やバルタン星人焼を販売するほか、なみえ焼きそば、ジャンボ豚まん、カラフルわたあめなどが並ぶ。
 1階は畳緑雑貨、オリジナル調味料、ほしいも、玄米ピザ、ヒノキアクセサリー、イラスト、飯坂グラノーラ、布小物、珈琲、雑貨などの販売のほかバスボム作りなどのワークショップを行う。
 2階国際線出発ロビーはパステルアート、アクセサリー、ホーリーミストのワークショップ、バッチフラワーエッセンス体験、メモリーオイルセッション、さとう式リンパケア、美脳セラピー、手相占い、風水鑑定などが体験できる。
 同国内線出発ロビーはチョークアート、ベーグル、アイシングクッキー、化粧品などの販売、グルーデコアクセサリーやハガキの手作り体験などを楽しめる。
 3階展望デッキでは大工による木工ワークショップで椅子作りに挑戦できる。
 空港には授乳室、ミルク用給湯設備、おむつ交換シートや未就学児対象のキッズスペース、休憩スペースも備わっており、気軽な来場を呼びかけている。
 問い合わせは空港ビル(℡0247―57―1511)まで。