「特撮シンポ」定員達する

 11月3日の特撮文化推進事業実行委員会設立記念「特撮シンポジウム」は22日に参加申し込みを締め切り、定員200人に達した。追加応募や当日参加は受け付けない。
 特撮文化推進事業実行委員会は、特撮を日本の誇るべき文化として推進し、関連分野との連携で多様な価値を生み出すことで、継承・発展・創造につなげるため、県、市、NPO法人アニメ特撮アーカイブ機構、国際総合学園FSGカレッジリーグ国際アート&デザイン大学校、須賀川商工会議所で設立する。
 11月3日は市役所で午前11時から設立総会、終了後の11時半ごろから記者発表、午後1時半からシンポジウムを予定している。
 特撮シンポは須賀川市出身で特撮の神様と呼ばれる故円谷英二監督が最も得意として手がけた「メカ特撮」の魅力をテーマに、現代の作り手らが集まりその技術と魂について語り合う。
 パネリストに特撮を現代に受け継ぐ庵野秀明さん(監督・プロデューサー)尾上克郎さん(特撮監督・VFXスーパーバイザー)、原口智生さん(監督・特撮ミニチュアプロップ修復師)、樋口真嗣さん(監督・特技監督)、三池敏夫さん(美術・特撮監督)を迎える。
 会場では1968年公開で今もコアなファンが多い「マイティジャック」に登場したマイティジャック号(全長約1・5㍍)展示も予定している。