福島病院祭に笑顔の花咲く

たんぽぽ保育園児のダンスを楽しんだステージ発表

 国立病院機構福島病院(氏家二郎院長)の第11回病院祭は20日、同院で「笑顔花咲く 福島病院」をテーマに開かれ、地元住民ら多くの来場者でにぎわった。
 体験コーナーはアロマハンドマッサージや味覚チェック、顕微鏡体験、薬の分包体験などが用意され、子どもたちを中心に楽しんでいた。
 メインステージではたんぽぽ保育園児のダンス、高木満理子さんの口笛ショー、クラップスチアリーダーズのチアダンス、須賀川桐陽高校吹奏楽などの演奏が披露され、出演者らに大きな拍手が送られた。
 綿あめなどの無料コーナーや販売コーナー、スタンプラリーも人気を集めた。