円谷幸吉メモリアルマラソン21日に号砲

 第36回円谷幸吉メモリアルマラソンは21日午前8時50分から、須賀川アリーナをスタート・ゴールに号砲が鳴り響く。
 須賀川市出身で東京五輪男子マラソン銅メダリストの故円谷幸吉選手を顕彰し、第2の円谷育成を目指す大会で、秋の須賀川路を24部門・3476人が駆ける。
 開会式は午前8時10分から須賀川アリーナで開かれ、中学男子と高校女子、一般女子の5㌔を皮切りに、10分ごとに各部門がスタートする。
 大会ではグランシア須賀川が一口サイズのゼリー「キャメリーナフルーツボール」をハーフ・10㌔コースの3㌔給水所で提供する。
 大会に伴う交通規制は釈迦堂川に面する須賀川アリーナ前の道路は午前6時から、そのほか市内の松明通りから国道118号まで、市武道館周辺、JT跡地周辺など市内各地の道路が競技時間に合わせて通行止めとなる。
 当日は主要交差点に交通誘導員を配置し円滑な大会運営を進める。また交通規制区間は大会ホームページやチラシで詳細を告知している。
 問い合わせは市スポーツ振興協会内事務局(℡76―8111)まで。