13日は「消防ふれあいデー」

 須賀川地方広域消防組合(二瓶喜真消防長)の第10回消防ふれあいデーは、13日正午から午後2時までイオンタウン須賀川駐車場で開かれる。防災や消火などに関する各種体験コーナーを多数企画している。
 地域の火災予防思想普及を目的に、「なくそう住宅火災 未来につなげよう大切な笑顔」をテーマに、各種体験コーナーは「もしもの時に備えて…」、「災害から身を守れ!」、「めざせ未来の消防士!」の3つを大きな柱に繰り広げる。
 「もしもの時に備えて…」は住宅用火災警報器や防災物品、非常食展示などの防災用品展示コーナー、家族や友人の非常時に備えて心肺蘇生法などを学ぶ応急手当体験コーナー。
 「災害から身を守れ!」は、訓練用水消火器を使い正しい取り扱いを学習する消火器体験コーナー、起震車を使って過去に発生した震災を体感する地震体験コーナー。
 「めざせ未来の消防士!」は、子ども用防災衣を着装し、ちびたん号に試乗する消防隊体験コーナー、各コーナーでの体験をもとにクイズを出題する消防あるあるクイズコーナー。
 ほかにも、はしご車展示・記念撮影コーナーや住宅用火災警報器設置促進PR、スタンプラリーなども予定している。消防あるあるクイズ全問正解でスタンプラリー達成となる。
 消防組合、須賀川地方消防設備協会、須賀川市女性消防隊、須賀川市消防団女性班が各コーナー運営に協力する。
 大人から子どもまで楽しめる各コーナーを設ける。参加無料、多くの来場を呼びかけている。
 なお11月9日から15日は「秋季全国火災予防運動」で、「忘れてない?サイフにスマホに火の確認」を全国統一標語に、住宅防火対策の推進など重点6項目の情報発信と火災予防に努める。