ホープス岩村監督、市長に終了あいさつ

橋本市長にサイン入りバットを贈る岩村監督

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスの岩村明憲監督は5日、今シーズン終了あいさつのため須賀川市役所を訪れ、橋本克也市長と懇談した。
 今季のホープスは歴代最高勝率で4季連続で東地区プレーオフに進出し、優勝には及ばなかったが2位の活躍をみせた。
 岩村監督は「優勝を逃した悔しさはあるが、いわせグリーン球場での練習で培った選手力向上に手応えを感じている」と語り、須賀川市の協力に感謝を伝えた。また「来季も須賀川に応援に来てくれる人たちのため、同じ時間を過ごし、楽しんでもらえるような工夫も凝らしていきたい」と述べた。
 橋本市長はチームへの期待を語り「須賀川でもチームを盛り上げていけるよう、今後もしっかりサポートしていきたい」とエールを送った。
 「行事やイベントなどに、ぜひ選手たちも参加してほしい」と橋本市長が呼びかけ、岩村監督は「連絡をいただければ必ず調整をつけます」と笑顔を見せた。最後に岩村監督から感謝のしるしとして、橋本市長にサイン入りのバットが贈られた。