安全運転サポート車を高齢者が体験

サポート車を体験した高齢運転者講習会

 須賀川署、須賀川地区交通安全協会の「安全運転サポート車を活用した高齢運転者講習会」は1日、30人が参加して南部自動車学校で開かれた。
 鈴木秀樹須賀川署交通課長が「交通事故防止を目的に、講習会は意味深いものとなり、優良ドライバーとして、貢献していただきたいと思います」とあいさつした。
 自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置などの先進安全技術が搭載された自動車(安全運転サポート車)の参加・体験型の管内では初めての講習会で、高齢運転者の交通事故防止を図る目的。
 富澤亮人JAF福島支部事業課交通環境係長が安全運転サポート車について説明した。
 体験では福島マツダ須賀川店、福島トヨタ自動車須賀川店、トヨタカローラ福島須賀川店、ダイハツ福島須賀川店、スズキオート須賀川の5店舗の協力を得て、前方障害物衝突軽減制動制御装置(自動ブレーキ)やペダル踏み間違い時加速抑制装置の付いたサポート車に乗車し、安全運転支援システムの理解や抑制する機能を体感した。
 最後に受講者に修了証が交付された。