3日に小学校陸上競技交流大会

 第5回いわせ地区小学校陸上競技交流大会は3日午前9時半から、鳥見山陸上競技場で15種目で熱戦を繰り広げる。
 県市町村教育委員会連絡協議会岩瀬支会、岩瀬地区小学校長会の主催。
 岩瀬地区小学校児童の交流と陸上競技の競技力及び体力の向上を目的に、管内小学22校の5・6年生延べ1138人(男子延べ583人、女子延べ555人)が出場する。
 開会式は午前8時55分から行い、優勝トロフィーを男女とも柏城小の代表児童が返還する。大会会長の深谷敬一岩瀬支会長が主催者あいさつ、長谷川幸三須賀川一小校長の校長会長あいさつ、安藤昭人岩瀬郡市陸上競技協会長が来賓祝辞を述べる。また佐藤栞菜さん(西袋二・6年)が代表して選手宣誓する。
 昨年は女子競技の100㍍、走り幅跳び、走り高跳び、400㍍リレーの4種目で大会記録が更新され、今大会でも期待が集まっている。
 小雨決行で、荒天の場合などは9日を予備日とする。