ハンサム・ウーマン

No.51

おもかわ やすこ面川靖子さん(40)

鏡石町本町


手作り衣装でまちに活気

ママ友にも輪広げる

 3年前に夫進二さんの実家、 鏡石町に移住。 「色々なことに目を向けて挑戦し、 子どもとの思い出をたくさんつくりたい」 と町のイベントに積極的に参加・協力している。 専門学校で学んだ知識をいかし、 2年前からオランダ秋祭りの親子撮影会子ども用衣装を手がけている。 「子どもたちにもカワイイ衣装を着せてあげたい」 と、 大人用衣装を参考に生地の調達から全て一人で製作した。
 今年は交通安全鼓笛パレードの後ろを、 衣装を着た子どもたちが歩くことを町と計画し、 衣装作りを進めている。
 児童ふれあい交流館のワークショップ講師として保護者にバッグやパジャマなどの作り方を教えたり小学児童のイス用キルトカバーを製作したりと、 精力的に活動している。
  「つどいの広場でママ友の輪が広がり、 町の人たちも温かく声をかけてくれて、 移住して良かったです。 子育てが落ち着いたら、 まちの駅のレンタルボックスで幼稚園にあったら便利で実用的な手作り小物を販売したいです」 と目を細めた。
写真右:陽真里(ひまり)ちゃん(3)