福島空港公園の十五夜音楽会

「あいりす」のハーモニーを楽しんだ来場者たち

 県都市公園・緑化協会、福島空港公園事務所の「十五夜音楽会~至福のひとときを紡いで」は24日、須賀川市や玉川村から約300人が参加して空港公園緑のスポーツエリアで開かれ、音楽とダンスのステージを楽しんだ。
 中秋の名月に合わせて毎年企画しているもので、口笛奏者の高木満理子さん、女声合唱団「すかがわ」会長の関千里さん、合唱団「あいりす」をはじめ、詩吟や筝と尺八の合奏、フォークダンスなど7組が音楽発表を披露した。
 来場者らは出演者らの見事なステージに熱心に聴き入り、曲が終わるたびに大きな拍手を送っていた。