秋の交通安全運動スタート

チラシを配布して交通安全をPRする橋本市長

 子どもと高齢者を交通事故から守る「秋の全国交通安全運動」が21日からスタートした。須賀川・岩瀬地方交通関係団体と須賀川署は20日、イオンタウン須賀川で交通ルール遵守とマナー向上を呼びかける「秋の交通安全フェア」を開き、多くの買い物客らが体験型イベントに参加した。
 秋の全国交通安全運動は徐々に夕暮れ時が早まり、例年事故が増加する下半期に向けて交通安全機運を高めることが目的。
 今年は重点事項に夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の事故防止、全席シートベルトとチャイルドシートの正しい着用徹底、飲酒運転根絶を掲げ、30日までの10日間で街頭PRやテント村活動などを展開する。
 交通安全フェアには須賀川・岩瀬地方3市町村の交通関係団体から会員ら約100人が参加した。
 大木正弘交安協会長、須賀川市交通対策協議会長の橋本克也市長、霜山芳紀署長があいさつし、「交通団体原点回帰スローガンの『須賀川・岩瀬地方からはじめよう交通安全』を合言葉に、ライト早め点灯やシートベルト全席着用など呼びかけ、交通安全意識の高揚を図ってください」と協力を呼びかけた。
 一日警察官を務める牡丹キャンペーンクルーの南條夕芽さんに霜山署長から委嘱状が交付され、交通安全へ決意を表明した。
 アトラクションは須賀川市と鏡石町の交通安全母の会が交通安全長生き音頭と長生き体操をはつらつと披露し、大きな拍手が送られた。
 各市町村長や霜山署長、南條さんらが買い物客らにかわいらしい犬の反射材やチラシなどを配布して笑顔で交通安全を呼びかけた。
 安全フェアの体験イベントは子どもたちにも大人気の白バイ試乗やパトカー展示をはじめ飲酒疑似状態メガネ着用、自転車シミュレーター体験、人工呼吸・AED(自動体外式除細動器)体験などが用意され、会員や親子連れたちが参加していた。
 また恒例の交通安全長持ち(モチ)や綿あめなどが振る舞われ好評を集めた。
 須賀川署と交通関係団体は、これからの季節は夕暮れ時(薄暮時)が早く、特に道路横断中の交通事故発生確率が4倍以上と急増するため、早めのライト点灯をはじめ夜光反射材の着用徹底など交通安全へ万全の対応を呼びかけている。