20日「秋の交通安全フェア」

 秋の全国交通安全運動は21日から30日まで、子どもと高齢者の安全な通行の確保と交通事故防止をスローガンに実施する。須賀川地方交通関係団体と須賀川署は20日午前10時半からイオンタウン須賀川駐車場で「秋の交通安全フェア」を開く。式典に合わせて各種交通安全体験コーナーを実施する。
 交通安全フェアはアトラクションや体験ブースを通して、来場者と地域に広く交通ルールの順守とマナー向上、事故防止の機運を高めることが目的。
 大木正弘交通安全協会長、交通対策協議会長の橋本克也市長、霜山芳紀署長があいさつし、一日警察官の遠藤愛実さん(牡丹キャンペーンクルー)に委嘱状を交付、交通安全に向けた決意文を読み上げる。アトラクションは交通安全母の会が交通安全長生き音頭と長生き体操をはつらつと披露する。
 須賀川・岩瀬地方3市町村長や交通関係団体会員らが買い物客らにチラシや安全グッズなどを配布して理解と協力を呼びかける。
 各種体験コーナーは白バイ・パトカー試乗、飲酒疑似状態メガネ装着、反射視認暗室テスト、人口呼吸・AED、自転車シミュレータ―、動体視力検査、チャイルドシート紹介、交通安全腹話術などを楽しめる。交通安全長持ち(餅)付きや綿あめ・ポップコーンなど来場者へのプレゼントもある。
 秋の全国交通安全運動は夕暮れ時が早まり、例年事故が増加する下半期に向けて交通安全気運を高める目的で実施する。
 今年も夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の事故防止、全席シートベルトとチャイルドシートの正しい着用徹底、飲酒運転根絶を重点項目として取り組む。30日は「交通事故死ゼロを目指す日」を呼びかけていく。