市図書館の蔵書搬送始まる

蔵書の搬送を開始した市図書館

 須賀川市図書館は6日から市民交流センターtette(てって)移転に向けた所蔵図書を搬送している。
 同館には絵本や専門書、DVDなど約20万冊あり、職員たちが整理した蔵書を日本通運郡山支店が専用ケースに収め、トラック2台で移送している。
 全ての蔵書は10月中に搬送完了を予定し、同館職員が児童専用、10代専用、調べものに集中できるフロアなどに分けて整理していく。
 機器類の搬送は同月下旬から順次進めていく。全ての図書の搬送が完了する10月末には現在開設している代替えサービス「図書館前ステーション」は終了となる。