天栄村消防団の模擬火災訓練と秋季検閲式

通常点検を受ける団員たち

 天栄村消防団(常田広美団長)の模擬火災訓練と秋季検閲式は9日、児渡行政区内と総合農村運動広場で行われ、村民の生命と財産を守るための備えを確認した。
 模擬火災訓練は消防団のほか女性消防隊、児渡地区自主防災組織、須賀川消防署長沼分署・湯本分遣所、須賀川署天栄・湯本駐在所の計170人が参加した。
 乾燥し強風注意報発表下の同日午前5時半に牧本小校舎西側山林から出火したことを想定し、地元区長と地区住民の火災通報、消防団の林野火災消火、地区住民のバケツリレーの初期消火、女性消防隊らの消火器による訓練に取り組み、防災意識を高揚した。
 秋季検閲式は団員120人が出席し、団旗登壇、国歌斉唱などに次いで、添田勝幸村長、廣瀬和吉村議会議長らが通常点検の検閲を行った。
 添田村長は「防災中核機関として本日を契機に使命の重大さを再認識して災害に備えてほしい」とあいさつし、常田団長は「今後も火防督励に励み、予防消防や災害の備えに万全を期してほしい」と訓示した。
 来賓の広瀬村議会議長、宗方保県議らが来賓祝辞を述べ、団員に災害予防を呼びかけた。
 また国県等の表彰を披露し、村消防表彰が代表の隊員に送られた。
 村消防表彰受章者は次の通り。
▽退職本部役員=服部晃前団長▽精勤章=星博文、大竹俊、小針啓太、鈴木幸太、小針陽平、後藤雄太、星昇、佐藤栄寿、北畠誠也、森篤史、塚目裕太、磯部正樹、森健治、車田浩一▽勤続章=君島直也、石井仁志、武内陽一、瀬和大、瀬和智、内山幸太、星祐也、池田康宏、鈴木政則、鈴木勘寿、森史好、大谷博堂、村越賢太、車田裕士