火災予防絵画・ポスコンクールで12人優秀賞

 子どもたちの作品を通して火災予防を呼びかける、須賀川地方広域消防組合(二瓶喜真消防長)の第32回火災予防絵画・ポスターコンクールの審査会は7日、市民スポーツ会館で開き、須賀川・岩瀬地方からは安藤花さん(須賀川三中2年)ら9人が優秀賞に選ばれ、県コンクールへの推薦される。
 同コンクールは昭和62年から始まり、毎年須賀川・岩瀬・石川地方の子どもたちから作品を募集してきた。
 今年度は幼稚園・保育所16園357点、小学校31校555点、中学校12校249点の計59園・校から1161点が寄せられた。
 審査員は君島主一須賀川美術協会長をはじめ、深谷滉同副会長、小豆畑清種同名誉会員、西川茂須賀川地方危安協会長、草野修須賀川地方消防設備協会長、二瓶消防長が務めた。
 審査会場には子どもたちが夏休み期間などに描いた作品が並び、画用紙いっぱいの消防車や救急車、タバコのポイ捨て禁止、住宅用火災警報器設置促進など火災予防や注意喚起を呼びかける作品が並び、審査員たちからもうれしい悲鳴が上がっていた。
 全4部門で計12点の優秀賞と入選68点を選び、優秀賞受賞作品は県コンクールに推薦される。
 優秀作品を掲載した来年度の防火ポスターを12月に1500部作成する。表彰式は11月7日午後2時から消防本部で行われる。
 須賀川・岩瀬地方の優秀賞受賞者は次の通り。
▽保育所・幼稚園児の部=鈴木華音(白江こども園)桑名優征(柏城保育園)熊田りり(天栄幼稚園)▽小学生(低学年)の部=添田波音(稲田小3年)村越瑛太(大森小3年)▽同(高学年)の部=小窪太陽(須賀川二小5年)円谷大智(鏡石二小4年)▽中学生の部=安藤花(須賀川三中2年)齋藤鈴々音(西袋中2年)