稲田学園が学習旅行で須賀川PR

PRチラシ製作に意見を出し合う生徒たち

 施設一体型小中一貫教育校稲田学園(八木沼孝夫校長)の学習旅行は11日、東京都で行われ、8年生(中学2年)の代表10人が中央区の日本橋ふくしま館(ミデッテ)で市観光交流課職員とともに須賀川のPR活動をする。
 キャリア教育・ふるさと教育の一環で、郷土の未来を拓く子どもたちが須賀川・稲田を紹介し、PRすることで郷土愛を育み、復興に主体的に関わるほか、活動を通じて自己を見つめ、夢の実現に向けて行動する力を身につけることなどが目的。
 学習旅行は8年生全員が参加し、ミデッテのほか江戸切子体験や科学博物館見学など班ごとに様々な活動をする。
 ミデッテでは10人が2組に分かれ、一方で通行人に須賀川・稲田をPRする手作りチラシや市の観光パンフレットなどを配布、もう一方で稲田のキュウリやナシ、くまたぱんや黒奴など市内の名産品の物販を補助する。
 準備作業は6日、放課後に生徒たちがパンフレットセット100部とチラシ作りに取り組んだ。
 チラシの片面には須賀川PRとして松明あかしや花火大会、牡丹園など市内の名所や代表的なイベントを紹介し、もう片面は稲田学園PRで愛唱歌やマスコットの「いなっこ」、学校行事などをまとめる。
 生徒たちは役割分担をしながら、須賀川・稲田のより良いPRのため意見を出し合っていた。
 なお市は11、12の両日、ミデッテで松明あかしをメーンとしたPRや物産品の販売を予定している。