岩瀬地区小学校児童理科作品展

児童の作品を審査する教員たち

 岩瀬地区小学校児童理科作品展の審査会は6日、ムシテックワールドで開かれ、理科部長賞と特選などの入賞者が決まった。
 夏休み中や以前からの研究をまとめた433点の応募があった。審査は本多淳嗣岩瀬地区理科部長と理科教諭らが努めた。理科部長賞は各学年から1人で、最高賞のムシテック館長賞は渡辺音想君(鏡石一6年)の「NEO昆虫記No.1~No.6」が選ばれた。
 表彰式は16日午後0時20分から同館サイエンスステージで開かれる。
 作品展は24日までムシテックワールドのエントランスで開かれている。