市老ク連高齢者ゲートボール大会

和気あいあいとプレーを楽しむ選手たち

 須賀川市老人クラブ連合会(金子定雄会長)の第38回高齢者ゲートボール大会は5日、9クラブ36人が出場して市民スポーツクラブで行われ、Aコートは須田忠さん(芦田塚老ク寿会)、Bコートは小平アヤ子さん(狸森南長寿会)が優勝した。
 競技を通して出場選手の親ぼくを深める目的で毎年実施している。開会式で高齢者賞を有我丙蔵さん(93)=自由ケ丘長寿会=と佐久間トメ子さん(92)=狸森南長寿会=に贈り、前回優勝の鈴木文好さん(岩渕爽悠会)と佐久間義秋さん(狸森南長寿会)が選手宣誓した。橋本克也市長、溝井正男市社協会長、金子会長が始球式を行った。
 2コートに分かれて個人戦で熱戦を繰り広げ、和気あいあいとプレーを楽しんでいた。
 成績は次の通り。
▽Aコート①須田忠(芦田塚老ク寿会)②佐久間トメ子(狸森南長寿会)③水野一男(松塚老ク)④須田雅子(芦田塚老ク寿会)▽Bコート①小平アヤ子(狸森南長寿会)②関根義夫(同)③大河原高子(松塚老ク)④佐久間セツ子(狸森南長寿会)