高卒者就職への求人件数、人数ともに増

 須賀川公共職業安定所は4日、来春新規高卒予定者求人受理状況について8月31日までの速報値をまとめた。
 求人件数は254件(前年同期43件増)、求人数718人(前年同期150人増)となり、ともに東日本大震災以降最多となっている。
 産業別には製造業が382人で最も多く前年同期から72人増えている。次いで運輸業・郵便業が118人、建設業が75人となる。
 職業別では生産工程職が337人、事務職が111人、建設・採掘職が62人。
 なお今春実施した求職動向調査結果では希望職種未定者が77人いたが、現段階で多くは製造業などを希望し、そのほか進学希望などにも移行した。
 今後は5日から推薦・応募書類提出が始まり、選考・採用内定通知は16日以降となる。