台風21号、4日夜に接近の恐れ

 非常に強い台風21号は4日夜から5日未明にかけて、須賀川・岩瀬地方を含む東北地方に最も近づくと気象庁が予報しており、注意が呼びかけられている。
 3日午前6時現在で台風21号は中心気圧935hPa、最大風速は中心付近で毎秒50㍍、最大瞬間風速は毎秒70㍍。南大鳥島の東約240㌔にあって北北西の進路で4日午後には四国から東海にかなり接近して上陸する見込み。
 進路予報ではそのままの進路で日本海に向かい、4日夜から須賀川・岩瀬地方にも接近する恐れがある。
 9月はこれまで記録的な被害をもたらした台風が多く発生する3つの特徴がある。
 秋台風は太平洋高気圧の影響で本州を直撃しやすく、スピードが速く、秋雨前線と台風で雨が多くなる傾向が見られる。
 今年の須賀川・岩瀬地方は高温少雨で、これまで台風などによる大きな被害は見られないが、今回の台風21号は非常に強い勢力のまま日本列島に上陸して当地方に接近する恐れがあり、暴風と強雨の影響が懸念される。
 雨戸の点検や側溝の清掃、家周辺の飛びやすい物の固定、万が一に備えた避難所と避難経路の確認など事前の用意を呼びかけている。