須賀川二小児童クラブ館の開館式

子どもたちが元気によさこい踊りを披露

 須賀川二小児童クラブ館の開館式は1日、利用児童や保護者ら関係者約60人が出席して開かれ、子どもたちが新館オープンを祝ってよさこい踊りを披露した。
 橋本克也市長、柳沼直三教育長、本田勝善市議、正木義輝校長、関根一男うつみね福祉会理事長、須田智博主任児童委員、児童代表の鈴木智久君(6年)と安齋澪さん(3年)がテープカットした。
 橋本市長は駅前児童館とこれまで校舎内で運営してきた児童クラブ館を統合して子どもたちが安全安心に放課後を過ごせる環境を整備したと説明し、「これからも子育て環境の充実に努め、子どもたちが健やかに過ごせるよう努めてまいります」と式辞を述べた。
 来賓の本田市議が祝辞を述べ、子どもたちがよさこい踊りとお礼の言葉を発表した。
 新しい須二小児童クラブ館は27日からオープンし、1年生から6年生まで135人が利用する。学習室3部屋や大型スクリーンを備え、幅広い年代の子どもたちが楽しく放課後を過ごせる環境が整えられた。