中学生英語弁論大会、33人が堂々のスピーチ

第1位に輝いた田村さんと鴻野さん(右)

 岩瀬地区中学生英語弁論大会は29日、暗唱の部に21人、創作の部に13人の生徒が出場し、須賀川市文化センターで開かれた。暗唱の部で田村実夢さん(稲田中3年)、創作の部で鴻野歩さん(須賀川二中3年)が第1位に輝いた。
 中学生の英語力向上を目指して毎年実施しているもので、各校代表生徒らは夏休み期間中も英語担当教諭や英語指導助手らの指導を受けながら練習を重ね、大会当日は堂々とした態度で身振り手振りを交えながら発表し、来場者らも一人ひとりに大きな拍手を送った。
 審査員からも高いレベルのスピーチを絶賛する声が聞かれ、特に創作の部はテーマ性なども高評価を得ていた。
 全員の発表終了後は英語指導助手が中心になって英語のクイズなどを楽しみ、生徒たちもスピーチの緊張をほぐしながら学校の枠を越えて交流を深め合っていた。
 暗唱の部の田村さんは「The Letter」、創作の部の鴻野さんは「The Power of Words」のタイトルで発表し、須賀川・岩瀬地方代表として9月7日に矢吹町で行われる県大会に出場する。
 成績は次の通り。
▽暗唱の部①田村実夢(稲田3年)②鈴木冴弥(天栄3年)③渡邉梨衣(須賀川三2年)④三島木美鈴(長沼1年)⑤阿部秀平(鏡石2年)⑥長谷川愛彩(須賀川二3年)⑦深谷美悠莉(仁井田2年)⑧相樂一誠(岩瀬2年)▽創作の部①鴻野歩(須賀川二3年)②君島理加(天栄3年)③柏倉嘉乃(須賀川三3年)④川田芽依(長沼3年)⑤善方悠貴(同)⑥黒澤優斗(天栄2年)