天栄村職員のドローン研修会

ドローンの操作法を学ぶ職員たち

 天栄村の職員に対するドローン研修会は27日、村総合農村運動広場で行われ、飛行方法や撮影方法を習得した。
 村は近隣市町村に先駆けて今年5月にドローンを1台導入し、観光誘致などのPRに使用する写真撮影などを行ってきた。また今後は災害時などで道路や河川の状況確認等を安全に行うためにも活用していく考えで、今年度中にさらに1台の導入を検討している。
 講習会は郡山市の昭和技術設計から講師を招き、各課職員が操作方法を教わりながら上空にドローンを飛ばしていた。
 今後さらなる活用法を探り、様々な場面での活躍が期待される。