県民スポの壮年ソフトは西川が優勝

ソフトボールで女性ピッチャーも活躍

 第71回県総合体育大会県民スポーツ大会県中地域大会は26日、須賀川・岩瀬地区4会場で行われ、壮年ソフトボール競技で西川が優勝した。
 県体育協会、県、県教委、須賀川市・鏡石町・天栄村教委、須賀川・岩瀬地方体育協会連絡協議会の主催。
 壮年ソフトボール14チーム、ソフトテニス9チーム、バドミントン11チーム、家庭バレーボール14チームが出場した。
 須賀川・岩瀬勢は、壮年ソフトボールで西川が優勝、北団地壮年ソフトボールが3位に入賞した。大池ソフトクラブ、マスターズ、鏡石クラブはいずれも初戦を突破したが、2回戦で敗れた。
 家庭バレーボールはSWATが2回戦敗退、そのほかは初戦で敗れた。
 バドミントンはABCの3ブロックで予選を戦ったが、いずれのチームも決勝リーグに届かなかった。
 ソフトテニスは須賀川Aが2位、東北旭紙業が3位に入賞した。
 各チームともチームワークを発揮し、須賀川・岩瀬地区代表として堂々のプレーで最後まで戦っていた。