小・中学校2学期始まる

始業式に元気な姿で臨む三小児童たち

 公立小・中学校の2学期始業式は27日、各校で行われた。
 須賀川三小(須田元大校長)は、体育館で全校児童495人が2学期を迎えた。須田校長は「久しぶりに皆さんと顔を合わせるのはうれしいです。けがも事故もなく元気に始業式を迎えたことは、先生の教えを守り、安全に過ごしたからと思います。いっぱい遊んだり勉強したり、親戚の人と会ったり充実した夏休みだったと思います。時間が経つのは皆さん同じです。自分の計画を夏休みできなかった人は、2学期に努力すれば良いのです。2学期は3つのお願いがあります。日本一のあいさつを目指しましょう、目標を持って努力しましょう、心と体をたくましくしましょう。2学期終わりに聞きますのでがんばりましょう」とあいさつした。
 渡邊潤教諭から2学期の生活について説明され、児童を代表して、1年の佐久間秋穂さん、3年の箭内綾乃さん、6年の加藤全貴君の3人が夏休みの思い出と2学期の目標や目当てを力強く発表した。
 児童らは各教室に移動し、楽しかった夏休みの思い出などを語り合い、友だちとの再会を喜び合っていた。