26日にツバメのねぐら観察会

 日本野鳥の会郡山支部の「ツバメのねぐら観察会」は26日午後5時半に浜尾遊水地に集合して開かれる。
 ツバメは春から夏にかけて人家の軒先などに巣を作り子育てするが、巣立ったヒナは日本を去るまでの期間、集団でねぐらを形成する。
 浜尾遊水地は南側にヨシ原が広がっているため、全国的にも珍しい大規模なツバメのねぐらになっており、8月中旬から下旬にかけての日没直前30分程度の間に、約1万羽の大群が空を覆うように飛ぶ姿が観察できる。
 近年、国内でツバメの数が減少していることから、同支部はツバメのねぐらに必要なヨシ原保全の啓発も兼ねて観察会を実施しており、昨年は県内外から約50人が参加した。
 参加は自由で現地集合・現地解散。問い合わせは郡山市野鳥の森学習館(℡024―934―2180)まで。