市老ク連納涼囲碁・将棋大会

盤をはさんで真剣勝負を繰り広げる会員たち

 須賀川市老人クラブ連合会(金子定雄会長)の納涼囲碁・将棋大会は22日、12クラブから20人が出場して市民温泉で行われた。囲碁の部松組は岩田悦次郎さん(上町老ク)が優勝した。
 囲碁と将棋を通して会員相互の親ぼくを図り、互いに切磋琢磨して技術向上に努めることなどを目的に実施している。
 囲碁の部は競技経験や段などを考慮して松と竹の2組に分かれて対局した。
 選手たちはそれぞれ盤をはさんで真剣勝負を繰り広げ、試合会場は静かな緊張に包まれていた。
 高齢者賞は橋本憲明さん(90)=吉美根和み会=が輝いた。
 成績は次の通り。
◇囲碁▽松組①岩田悦次郎(上町老ク)②芳賀義孝(同)③吉澤正(下宿老ク)④根本勉(松が丘青空ク)▽竹組①大倉哲也(弘法坦老ク若竹会)②大澤廣(下宿老ク)③加藤清(森宿寿会)④酒井明光(下宿老ク)
◇将棋①石崎勝守(今泉ふるさとシルバー会)②佐藤俊雄(下宿老ク)