文化フォーラム、永年の文化振興貢献で表彰

 須賀川市文化団体連絡協議会(会長・杉岡一郎岩瀬書芸連盟会長)は9月15日の文化フォーラム席上で、加盟団体活動を通して同会発展に寄与した功績をたたえて5人を表彰する。受賞功績がまとまり発表された。
 市文団連は市内各種文化活動を展開する団体が加盟し、文化活動の振興と発展に寄与してきた。毎年文化フォーラム席上で功績者を表彰し、著名人による記念講演を開いている。
 今年の文化フォーラムは9月15日午後1時半から中央公民館で開かれ、小林恵美子さん(須賀川合同民謡会)有我幸子さん(須賀川山草会)熊田善治さん(須賀川三曲会)永瀬十悟さん(桔槹吟社)渡辺まり子さん(須賀川混声合唱団)を表彰する。
 表彰終了後の午後2時から田母神貞子県吹奏楽連盟理事長が「音楽とともに」をテーマに講演する。事前申し込みは不要で会員以外も参加できる。
 今年度受賞者の主な功績は次の通り。
▽小林恵美子(須賀川合同民謡会)=須賀川合同民謡会に所属する「富士美会」を設立し、永年にわたり会主を務める。県内では数少ない津軽三味線奏者として後進の指導に尽力し、市の伝統芸能伝承に貢献した▽有我幸子(須賀川山草会)=永年にわたり須賀川山草会の役員を務め会運営に貢献する。会主催の展示会では優秀な成績を修め、後進の指導育成に努めるなど団体の発展と文化振興に貢献した▽熊田善治(須賀川三曲会)=須賀川三曲会の設立に尽力し、永年にわたり役員を務め会運営に貢献する。琴古流尺八皋琳庵を開軒して指導育成に努めるなど、伝統芸能の伝承と市邦楽の向上に貢献した▽永瀬十悟(桔槹吟社)=永年にわたり桔槹吟社の役員を務め会運営に貢献する。角川俳句賞や県文学賞正賞を受賞するなど優秀な成績を修めた。後進の育成に努め俳句文化の発展に貢献した▽渡辺まり子(須賀川混声合唱団)=永年にわたり須賀川混声合唱団の役員を務め会運営に貢献する。県南混声合唱連盟の設立にも参加し初代代表を務めた。音楽を通して市民の文化交流に貢献した