須賀川消防署初めて夏の防火教室

とらじろうたちと記念撮影する親子

 須賀川消防署(会田政男署長)は15日の市民よさこい・盆踊り大会に合わせて、同署としては初めての「夏の防火教室」を須賀川信金本店営業部駐車場で実施し、子どもたちに安全な花火の楽しみ方を紹介した。
 毎年春と秋の火災予防運動に合わせて幼稚園や保育園などで防火教室を開いてきたが、今回は日本煙火協会提供の花火を利用して、ケガなく楽しく夏休みを過ごしてほしいと初めての企画となった。
 須賀川消防署人気キャラクターのとらじろうのほか、正義の味方のレスキューファイター、悪役の妖怪メラメーラら署員10人が参加して、花火をするときには必ず水を用意するなどを呼びかけた。
 集まった子どもたちはとらじろうたちの愉快なステージに大喜びで、元気いっぱい安全な花火の楽しみ方を約束した。
 終了後には花火のプレゼントと記念撮影会があり、家族連れが順番待ちの列を作り、子どもたちも笑顔でポーズを決めていた。
 須賀川消防署では今後も機会を見ながら火災予防や住宅用火災警報器設置を広くPRしていく。