羽鳥ダム20日に放水一時中断

貯水量が減少している羽鳥ダム(13日現在)

 天栄村の羽鳥ダムは少雨の影響で貯水率がゼロに近づいており、20日に放水を一日中断する見込みである。
 羽鳥ダムは矢吹町に1249㌶、鏡石町に1022㌶、須賀川市に206㌶、天栄村に15㌶など近隣市町村の農地計3215㌶に農業用水を供給している。16日午前9時現在で貯水量が13・3%となり、20日には放水を一時中断する予定である。
 羽鳥ダムを管理する矢吹原土地改良区は矢吹町と鏡石町の防災無線で放水中断を呼びかけるほか、一部に影響の出る須賀川市などにも管理者に連絡する。
 湯本地区の雨量は7月が88・5㍉、8月が15日までに136・5㍉で、平均雨量を大きく下回っている。
 なお藤沼ダムは16日現在で貯水量が10%であるが、現時点で来週頃までは放水を継続する見込みである。