須賀川市奨学生4人に決定書交付

柳沼教育長から決定書を受ける横田さん

 須賀川市奨学生決定書交付式は9日、市役所で開かれ、柳沼直三教育長から横田海斗さん(秋田大医学部保健学科1年)ら4人に決定書が手渡された。
 須賀川市は能力があるにもかかわらず経済的な理由により修学が困難な大学生らを奨学生として給与月額5万円を支援している。
 申請のあった大学生ら10人について選考委員会で厳正に審査し、横田海斗さん(秋田大1年)、平山百華さん(奥羽大薬学部薬学科2年)、鈴木乃亜さん(会津大短期大学部食物栄養学科1年)、根本丈太郎さん(いわき明星大教養学部地域教養学科1年)に決定した。
 今年度の給与期間はそれぞれの在学期間に合わせて2年から5年。
 代表で横田さんが「必ず奨学生としての本分を全うすることを誓います」が宣誓した。
 柳沼教育長はそれぞれ学業に励むよう激励し、「将来は須賀川市はもとより日本や世界に貢献できる人材に成長することを期待します。皆さんの未来と前途に幸多からんことを願っています」とあいさつした。