高卒者就職求人数244件、45件増

 須賀川公共職業安定所は8日、7月31日までの来春の新規高卒予定者求人受理速報値をまとめた。
 求人件数は244件(前年同期45件増)、求人数695人(前年同期152人増)となり、ともに東日本大震災以降最多となっている。
 産業別には製造業が370人で最も多く前年同期から76人の増、次いで運輸業・郵便業が118人、建設業が70人といずれも昨年より増加している。
 職業別では生産工程職が325人、事務職が111人、建設・採掘職が55人となっている。
 同所によると、これまで求人に対しての応募がなかった企業や求人を長らく見合わせてきた企業からの求人も多く、人手不足や世代交代を求められる状況に拍車がかかっている。企業は夏休み中の生徒に対して職場見学等を活発に行い、自社をPRしている。
 今後の日程は推薦・応募書類提出が9月5日以降、選考・採用内定通知は同月16日以降となる。