線量測定システム見直しで住民説明会

 原子力規制庁監視情報課は28日午後7時から須賀川市役所でリアルタイム線量測定システム配置見直しに関する住民説明会を開く。定員100人で事前申し込みは不要。当日先着順で入場となる。
 平成23年3月の東日本大震災に伴い発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故後、放射線量を監視するために県内各地に同システムを配置した。
 今年度から3カ年計画で線量が十分に低く安定した地点から撤去し、避難指示・解除区域市町村へ移設するなどの方針を決定したことから、市内在住・在勤者を対象に住民説明会を開く。
 当日は受け付けで氏名と住所などを確認する。開場は午後6時半から。問い合わせは市環境課(℡88―9130)まで。