中央公民館初心者俳句教室に15人

俳句の題材集めに展望台から眺める受講者たち

 中央公民館の成人教室「初心者俳句教室」は29日、受講生15人が市庁舎展望台や中央公民館周辺、軒の栗句碑などを吟行し、それぞれ味のある句を詠んだ。
 市庁舎に集合し、みんなのスクエアで講師の桔槹吟社・佐藤秀治副幹事長から俳句について講習を受け、市庁舎展望台「ウルトラフロア」)から市内を一望した。
 普段とは違う視点で注意深く観察しながら大高眼科前、三勝堂、可伸庵(軒の栗句碑)、千成だんご、中央公民館、市図書館周辺を散策し、1人2句を詠みあげた。
 合計35句の中から小沢美代子さんの「雲の峰 菩提樹の実の あまたあり」が最高得票を得た。