須高同窓会IH出場選手を激励

焼き肉などで鋭気を養う選手たち

 須賀川高同窓会(小栗山茂会長)のインターハイ出場者壮行会は30日、ホテル虎屋で開かれ、男子ソフトボール部と陸上部の稲川翔さんを激励した。
 同窓会や須賀川信用金庫、ホテル虎屋などから寄せられた激励金で食事会を開いた。
 生徒18人が参加し、小栗山会長は「地域のつながりで支えられていることを実感してほしい。チーム一丸となってトップを目指して」とエールを送った。
 ソフトボール部の関根幸佑主将は「全国で優勝できるようがんばりたい」と謝辞を述べ、焼き肉やギョーザ、カレーライスなどが振る舞われ、お腹いっぱい食べて鋭気を養っていた。
 男子ソフトボール部は8月9日から三重県山崎運動公園くまのスタジアムで、陸上競技男子5000㍍競歩に出場する稲川さんは同月2日から三重県営サンアリーナで行われるインターハイに臨む。